肌の水分量が不足するとカサカサする

肌の水分量が不足するとカサカサする

肌の水分量が不足するとカサカサする

肌がカサカサしている時というのは、肌の水分量が不足していて角質層が乱れている状態になっています。

 

角質層は角質細胞と細胞間脂質で構成されており、肌の表面にあたる部分なので、外部からの刺激でダメージを受けやすい部分でもあります。

 

角質細胞と細胞間脂質はレンガ造りで例えると、角質細胞がレンガとなり、細胞間脂質がセメントの役割をしてレンガの隙間を埋めてつなぐことで、規則正しく並んでいる状態になります。

 

ダメージを受けるとこの並びが乱れて隙間が出来てしまうので、肌は乾燥してカサカサしますし、化粧水などでケアをしようとしても美容成分がスムーズに浸透しないので、肌の状態を改善するのが難しくなってしまうのです。

 

そのため、肌がカサカサしているからといって、ただ単にたくさん化粧水をつけたとしてもほとんどは蒸散してしまいます。

肌の水分量が不足するとカサカサする記事一覧

▲肌の水分量が不足するとカサカサする 上へ戻る
肌の水分量が不足するとカサカサする page top