顔にくすみが生じる理由は?

顔にくすみが生じる理由は?

顔にくすみが生じる理由は?

顔のくすみは、大きく分けると2つの原因が挙げられます。

 

1つは紫外線の刺激によって生成されるメラニン色素の沈着、もう1つはターンオーバーの低下によって古い角質が溜まってしまうことです。

 

色素沈着というとシミをイメージする方も多いかもしれませんが、これは1ヶ所に集中して沈着した場合に起こる症状です。

 

紫外線は顔全体に当たるものですから、加齢や乾燥肌などで肌機能が低下して色素の排出が滞ると、全体的に色素が沈着してしまうためくすんでしまいます。

 

ターンオーバーは、新しい肌細胞を生成して角質層まで押し上げ、古くなって黄ばんだ角質を剥がすという働きです。

 

この働きが低下してしまうと、古い角質がどんどん溜まって角質肥厚が起こり、肌は透明感を失ってくすみます。

 

ですので、顔のくすみを予防するには、紫外線をしっかりカットしてメラニンの生成を防ぐこと、ターンオーバーを促進することがポイントになります。

 

紫外線は強度の違いはあっても一年中降り注いでいるので、毎日きちんと日焼け止めを塗りましょう。

 

特に春から夏は、日傘や帽子などの日除けアイテムを加えてガードを強化することが大切です。

 

また、クレンジングが不十分だと日焼け止めが肌に残って、皮脂と混ざり黒ずみを引き起こしまうので、丁寧に落とすようにしてください。

▲顔にくすみが生じる理由は? 上へ戻る
顔にくすみが生じる理由は? page top