無添加の入浴剤をしようして保湿しましょう

無添加の入浴剤をしようして保湿しましょう

無添加の入浴剤をしよう

次に気をつけておきたいこととしては、入浴剤だけではなく、シャンプーやボディソープなどにしても乾燥肌用の物を使うようにすることです。

 

乾燥肌用の物でなくとも、化学物質は無添加である製品や、天然由来の成分が使われた製品を利用するようにして下さい。

 

一般的なボディソープやシャンプーがダメな理由としては、合成界面活性剤が使われているからです。

 

合成界面活性剤は安価に大量生産出来ることから多くの製品で使われているのですが、肌への負担が大きく、また洗浄力が強いので皮脂を落とし過ぎてしまいます。

 

このことから乾燥肌となっている時には、合成界面活性剤のシャンプーやボディソープは使わないようにしておきたいですね。

 

最後に重要なことは、入浴後にはしっかりと保湿を行うことです。

 

保湿用のクリームや乳液などを使ってしっかりと保湿をすることで、入浴後も肌の潤いを保つことが出来ます。

 

入浴剤選びも同様に保湿成分が含まれているもの、無添加のものなどのように肌に優しい入浴剤を利用して下さい。

▲無添加の入浴剤をしようして保湿しましょう 上へ戻る
無添加の入浴剤をしようして保湿しましょう page top