乾燥肌のニキビ予防は?

乾燥肌のニキビ予防は?

乾燥肌のニキビ予防

ニキビというと皮脂が過剰分泌されて、それが毛穴詰まることで出来てしまうもので、できるだけ肌をさっぱりさせるというのが予防法だと思っている方も多いでしょう。

 

確かに皮脂の分泌量は抑えなくてはいけないのですが、乾燥肌の場合は皮脂を落としすぎてしまうとより乾燥を悪化させてしまいます。

 

皮脂が過剰に分泌されるのは、ホルモンバランスや肌が受けたダメージによってバリア機能が低下することも原因ですが、乾燥ということも大きな要因になっています。

 

肌が乾燥すると自己防衛機能が働いて、肌が乾燥から身を守るために皮脂の分泌量が増えてしまいます。

 

また、水分が不足した状態の肌は角質が硬くなってしまうため、毛穴を細く弱らせてしまうので、肌本来の機能である排泄がスムーズに行えなくなり、皮脂の量が多くなくても皮脂や老廃物が詰まってしまうのです。

 

つまり乾燥肌だからといってニキビが出来ないということはなく、逆に乾燥肌だからこそニキビが出来てしまうリスクが高くなってしまうのです。

▲乾燥肌のニキビ予防は? 上へ戻る
乾燥肌のニキビ予防は? page top