インナードライとはどんな状態?

インナードライとはどんな状態?

インナードライとはどんな状態?

肌タイプというと、乾燥肌、敏感肌、オイリー肌、混合肌、普通肌というのが一般的に定着していますが、最近よく耳にするようになったのがインナードライという肌タイプです。

 

インナードライとは、簡単に言ってしまうと肌の内部が乾燥している状態の肌のことを言います。

 

それなら乾燥肌ではないか、と思うかもしれませんが、乾燥肌は肌の内部はもちろん表皮の部分も乾燥してかさかさしていたり、脂分が全くない状態になります。

 

ですがインナードライだと、肌の内部は水分量は異常に不足して乾燥しているのに、表面は油分は過剰に分泌されているため油っぽくてテカテカしているという特徴があるので、一見オイリー肌や混合肌と同じような状態になっているので見分けるのが難しい肌タイプなのです。

 

どの肌タイプにも共通して言えることですが、肌タイプに合わせたスキンケアをしないと肌トラブルが引き起こされたり、肌老化が促進されてしまいます。

 

インナードライは見た目的にはオイリー肌や混合肌に近いのに、実は内部は乾燥しているという肌タイプなので、間違ったスキンケアをしてしまうことが多く、一番肌トラブルが起きやすいとも言えるのです。

 

もしオイリー肌用のケアをしていても肌トラブルが多い、乾燥している感じではないのにたるみやシワが多いという場合にはインナードライの可能性があるのでスキンケアを見直してみましょう。

▲インナードライとはどんな状態? 上へ戻る
インナードライとはどんな状態? page top