肌のバリア機能が低下するとかゆみが出やすい

肌のバリア機能が低下するとかゆみが出やすい

肌のバリア機能が低下

何らかの理由によって皮脂膜が上手く作られないようになってしまうことで、肌のバリア機能も低下してしまいます。

 

結果、ちょっとした刺激であっても肌は敏感に刺激を感じてしまってかゆみをともなってしまうようになるのです。

 

肌のバリア機能が低下してしまう原因としては様々なものがあるのですが、季節的な影響としては気温が低くなってしまうことによって、肌の細胞を作る力そのものを低下させてしまうことが大きな理由です。

 

細胞が上手く作られないようになるので、肌が本来持っている保水力も弱まり、皮脂膜が上手く作れなくなってしまうのです。

 

もう1つの理由としては、乾燥した空気です。

 

湿度が下がって空気が乾燥することによって、肌の水分が奪われやすくなってしまいます。

 

結果、肌が乾燥しやすい状況を作ってしまいますので、空気が乾燥している時には肌が乾燥しないように乳液などを使ってケアをしていきましょう。

 

冬以外にも、エアコンの乾いた風を浴びることで肌が乾きやすくなるので注意しておきたいですね。

▲肌のバリア機能が低下するとかゆみが出やすい 上へ戻る
肌のバリア機能が低下するとかゆみが出やすい page top