思春期でも大人でも出来るニキビの根本的な原因は同じ

思春期でも大人でも出来るニキビの根本的な原因は同じ

思春期でも大人でも出来るニキビの根本的な原因

ニキビができるのは、毛穴が何らかの原因で詰まってしまったり、皮脂の分泌が過剰になってしまうことが主な原因となります。

 

ですので、大人ニキビも思春期ニキビも根本的な原因は同じなのですが、引き起こす要因に違いがあります。

 

思春期ニキビは、体が成長を続けている段階になるのでホルモンバランスが不安定なため、皮脂が過剰に分泌されてしまうことで起こります。

 

そのため、この時期のニキビケアは皮脂を抑える成分でスキンケアしたり、肌を清潔な状態に保てるようにしなくてはいけません。

 

ですが、思春期を過ぎるとホルモンバランスが安定しますから、皮脂の過剰分泌の状態も治まってくるので、自然に改善されていきます。

 

一方、大人ニキビは単純に皮脂だけが問題になるわけではありません。

▲思春期でも大人でも出来るニキビの根本的な原因は同じ 上へ戻る
思春期でも大人でも出来るニキビの根本的な原因は同じ page top