ほうれい線が出来てしまう原因は?

ほうれい線が出来てしまう原因は?

ほうれい線が出来てしまう原因

ほうれい線の根本的な原因は、お肌がたるんでしまうことにあります。

 

笑ったり怒ったり、喋ったりする時には常に表情筋が動き、この表情筋がしっかりと伸縮することでいろいろな表情を作ることができます。

 

ですが、この表情筋は他の部位にある筋肉同様に、加齢などが原因となって衰えてしまいます。

 

筋力が衰えると筋肉や肌を支える筋膜もハリを保つことが出来なくなるため、重力に負けてたるみが引き起こされ、口元にある筋肉との境目が出来てしまい、ほうれい線になってしまうのです。

 

ですが、たるみというのは筋力の衰えだけで起こるものではありません。

 

肌のハリは、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどの線維芽細胞によっても支えられています。

 

これらの線維芽細胞が真皮層でしっかりつながっていることで、ネットのように肌を下から支えてハリを保っています。

 

コラーゲンやエラスチンは体内で生成されるのですが、加齢によってその量は減少していきます。

 

他にも、栄養が不足したりターンオーバーが低下したり、紫外線などのダメージを受けることでも生成量は低下してしまいます。

 

しかも紫外線はコラーゲンやエラスチンを破壊してしまうため、ちょっとの日焼けをしただけで肌のハリが失われて、たるみが出来てしまうのです。

▲ほうれい線が出来てしまう原因は? 上へ戻る
ほうれい線が出来てしまう原因は? page top