肌の乾燥は冬が一番水分が失われやすいのが原因

肌の乾燥は冬が一番水分が失われやすいのが原因

肌の乾燥は冬が一番水分が失われやすい

お肌の状態は季節によって影響を受けやすく、人によっては季節が変わる度に肌質が変化してしまいスキンケアが大変だと感じている方が多いです。

 

特に肌の乾燥は季節の影響を受けやすいので、その時期に合ったお手入れを行うことが大切です。

 

最も乾燥に注意しなければいけないのが冬です。

 

冬は空気が乾燥していますので、普通に過ごしているだけでも肌の水分が失われがちになってしまいます。

 

気温も低くなることから室内でも暖房を効かせていることで更に空気が乾燥し、お肌の状態はますます乾燥肌を悪化させることに繋がります。

 

気を抜いてしまうと粉を吹いたようにカサカサのお肌になってしまい、ひどくなると風にあたるだけでもピリピリとした刺激を感じてしまうようになります。

 

ここまで乾燥肌が悪化してしまうと肌トラブルが起こるのは目前です。

 

肌の潤いが失われたことでバリア機能が低下してしまい、外からの刺激に弱くなっています。

 

ここできちんとケアしなければかゆみや炎症を引き起こしたり、シミやシワなどの肌トラブルが発生してしまうので念入りに保湿ケアを行うことが大切です。

▲肌の乾燥は冬が一番水分が失われやすいのが原因 上へ戻る
肌の乾燥は冬が一番水分が失われやすいのが原因 page top